Connect with us

プレミアリーグ

プレミアリーグ革命全滅

イングランドのトップサッカークラブ、リバプールとマンチェスター・ユナイテッドが起草したプレミアリーグ改革計画が再開されました。数日の公開討論

の後、20のプレミアリーグのクラブ全員が水曜日に、リーグの規模を縮小し、パワーバランスを最大クラブに延期することに反対しました。

「すべてのクラブは、「ビッグピクチャープロジェクト(ビッグピクチャー)」がプレミアリーグと英語FAによってサポートされておらず、追求されていないことに同意しました」とリーグは水曜日に発表した。

その論争的な論文は先週末に知られるようになった。プレミアリーグの規模を現在の20クラブから18クラブに縮小することに焦点を当てました。さらに、リーグカップとスーパーカップは廃止され、最初のリーグのプレーオフは上院と相互リンクする必要があります。ボリス・ジョンソンも「バックルーム取引」を非難
加えて、これらの計画は、2億7,500万ユーロを超えるEFLにまとめられたリーグに対する緊急冠動脈支援と、EFLクラブのエリートTV収益への将来の参加率が25パーセントであることを想定しています。

戦略的には、リバプール、マンユナイテッド、マンチェスターシティ、ロンドンのクラブアーセナル、チェルシー、トッテナム・ホットスプールと共にビッグシックス周辺のプレミアリーグ設立を強化することを目的とした計画です。これまでに20のクラブのそれぞれが1票を有し、先駆的な決定が少なくとも14のクラブに合意しなければならない

場合、9つの最も古いチームの投票は原則としてより重みを増すべきです。この「長老会議」からの6票でも、根本的な問題への投票には十分

であるはずです。週の初めに、英国のボリス・ジョンソン首相も議論に参加し、変更計画に断固反対しました。ジョンソンのスポークスマンは、政府首脳を代表して言いました。「この種のバックルーム取引は、サッカーのリーダーシップに対する信頼を損なうものです。

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More in プレミアリーグ