Connect with us

ブンデスリーガ

ヘルリッヒの自己批判:”私は甘かった、愚かだった、馬鹿だった”

先週の検疫違反で自己批判的な言葉を見つけたハイコ・ヘルリッヒ。彼の行動は「二重に愚か」だった。”私はナイーブだった、愚かだった、愚かだった、あなたがそれを呼びたいと思うものは何でも、” 48歳は “Bild “とのインタビューで言った。”私が二重にバカだった “検疫中に買い物に行ったことを記者会見で自由に話した”

アウクスブルクの監督は先週、チームのホテルを出て検疫規則を破っていた。事実上のジャーナリストラウンドで自由に報道したヘルリッヒ自身が結果を受けて、デビュー戦のヴォルフスブルク戦(1対2)で監督のベンチ入りの席を譲った。その代わりに、競技場の箱の中で観戦した。

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More in ブンデスリーガ