Connect with us

ブンデスリーガ

サルペがアフリカで国際試合を増やすことを訴える

元ブンデスリーガのサッカープロハンス・サーペは、アフリカのDfbチームからもっと試合を望んでいます。

「ドイツのナショナルチームが選手の両親がやってきた国で親善試合をやってくれればいいのに。そこで、例えばガーナでは、「Dfb財団エギディウス・ブラウンがサッカーにおける人種差別をテーマに若者たちと一緒に始めたウェブトークで、ネイティブのガーナ人は言いました。

サーペは、ガーナ生まれの元国際選手ジェラルド・アサモアと、そこから父親がやってきたジェロム・ボーテンを指した。

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More in ブンデスリーガ